岩櫃山 802M

11月3日(土)
近シーズン、紅葉を求めての山行も今回で3回目。
仕事の関係でなかなか休みがとれない我が家が一ヶ月に3回はまさに驚異的。
前回は遥々山梨県まで出向いたので今回は地元群馬の山にしました。
最初は「吾妻耶山」で谷川岳の雪景色と紅葉を楽しんでくる予定だったのですが
旦那が岩場に登りたいと言い出し、急遽「岩櫃山」にも行くことになりました。
この2山強行が最後に大きな禍をもたらす結果に…

さて、今回は自宅を6時45分に出発、予定時間ピッタリに出かけられたはずが
旦那がケータイ忘れてきたと言い出し家に戻り約10分のロス。
のっけから嫌な予感…
高崎ICから渋川・伊香保ICまで高速で移動。
続いて県道35号線(通称ひかげ)を通り岩櫃山の登山口へ。
登山口は西吾妻町の平沢地区にあり、たまたま11月3日は「紅葉祭」という地区のお祭りの日でした。
第一Pはお祭りの会場に使われていたので第二Pへ車を止めます。
先客は一台でした。
午前8時、準備を整え出発です。
f0033314_15574565.jpg


岩櫃山はいろいろなルートがあります。

今回はドンクサイ私が一緒なので一番安全な「沢コース」で行きます。
(旦那は密岩コース希望でしたがここは私が断じて譲りません)
f0033314_1558201.jpg


それでも鎖場やハシゴなどもあり、それなりに疲れました。
f0033314_1559299.jpg

f0033314_15593654.jpg


1時間後とりあえず鞍部です。
低山ですが360度のパノラマです。
f0033314_16253758.jpg

f0033314_1614415.jpg


あとから聞いたのですが富士山やスカイツリーも拝めるとのこと。
(もう、早く言ってよぉ!)

旦那はちょっと離れた岩場の上の最高点に出掛けます。
私はパス。その場所で一緒になった10歳くらい人生の先輩らしきご婦人とおしゃべりしながら待つことに。
f0033314_1622672.jpg

頂上でご満悦の旦那です。

ほどなく岩登りを終えて旦那が戻ると早速下山開始です。
と言うのもお祭り会場でお餅やみそおでんなどのおふるまいがあるからです(;・∀・)

さて帰りは尾根コースで戻ります。

行きはよいよい、帰りは恐い~♪
何がって?
それは私のお膝の具合です。
実は私登りより下りが苦手でして登りと同じくらい時間が掛かるんですよ。
さほどの急坂でもないのに膝に激痛がはしってしまって…
それでも戻らねばならぬ訳でして、毎回泣き泣き下山します(つд・)ウエーン
f0033314_1632631.jpg

f0033314_1635016.jpg


そんなこんなで岩櫃城址(なにも無いが)を通りつつ下山します。

途中で太鼓の音がします。
あっ、お祭り始まっちゃったよ!ふるまいのお餅~まってくれよ~
f0033314_162797.jpg


f0033314_16283681.jpg


ありつきました。からみ餅、黄な粉餅、みそおでん。私たち村民でない人にもふるまってくれます。
なんて太っ腹な人たち。あ~感無料ではなく感無量!
それに美味しいこと!美味しいこと!
おまけに旦那が福引で日帰り温泉の入浴券を当てまして親切な村民の方が奥さんの分もと2枚下さいました。
ホントありがとう!
来年もまた来ますね~~~(^O^)/

そんなこんなでニコニコの岩櫃山をあとにします。続く…

後日「吾妻耶山」UPします。
[PR]
Commented by りの at 2012-11-05 19:50 x
下りは膝にきて大変、という話はよく聞きますね。でもお祭りの日でお餅とか食べられて良かったじゃーん。360度パノラマは気持ちいいだろうね~紅葉もキレイだし。さて、次の山は(((( ;゚д゚))))アワワワワ
Commented by para2kun at 2012-11-07 16:53
次のお山は焦りすぎてて写真があまりないです。
しかし長いブログって( ゚Д゚)マンドクセー
Commented by りの at 2012-11-09 20:58 x
せっかく書くネタがあるんだから、がんばって更新ぢゃー
Commented by para2kun at 2012-11-13 23:03
じゃー、頑張って書いてみるかー(笑)
by para2kun | 2012-11-03 14:39 | | Comments(4)