<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

霧氷の荒船山(1423M)~兜岩山(1368M) 25,509歩

霧氷の荒船山
が見たい!と言い出したのは私だった。
実は2.3日前までは藤岡市の桜山公園へ行く予定をたてていました。
もちろん車でじゃなく八塩温泉登山口から徒歩で山頂まで往復というコースです。
しかし天気予報では25日は雲一つないような晴天になる予測しかも今シーズン一番の冷え込みだといいます。
このチャンスを逃す訳にはいかない!無雪で樹氷を見られる絶好のチャンス!
急遽荒船山に変更。荒船山だけじゃ満足できない旦那の意見も取り入れて兜岩山も行くことになりました。

家を6時にスタート
上信道藤岡IC~下仁田IC、一般道国道254号で向かいます。
目指すは登山口のある荒船不動尊です。

着きました荒船不動尊です。結構立派です。
f0033314_15524392.jpg

トイレもあります。水は出ないらしいです(旦那談)
f0033314_1554956.jpg


さあ、出発。7:45
こんなルートです。
f0033314_15572670.jpg

こんな感じの所を進みます。
f0033314_15594524.jpg

30分ほど登ると星尾峠にでます。
山の西斜面を登ってきたので峠にでると急に明るくなります。
f0033314_17354573.jpg

と、同時にキラキラと光るものが降り注ぎます。
ダイアモンドダストみたい…霧氷が木から風で飛ばされ地表に落ちてきてます。
でも写真だとうまく撮れない(^_^;)残念です。
f0033314_17392228.jpg

しばらくすると荒船山との分岐点
f0033314_17405075.jpg

荒船山方面へ向かいます。
f0033314_1743769.jpg

いよいよ霧氷ワールド
f0033314_17452843.jpg

f0033314_17465416.jpg

ぱらぱらもいざ霧氷の森へ…後姿でごめんなさい
f0033314_17485376.jpg

笹も凍ってます
f0033314_17561183.jpg

太陽の光そして霧氷
f0033314_17571141.jpg

青空と霧氷
f0033314_17583547.jpg

f0033314_1759954.jpg

霧氷のアップ
f0033314_17595212.jpg

荒船山はテーブルマウンテン、名前通り平です。
ハイキングより楽ちん。前を歩いていた大学生風の男女4人組が大きな声で叫んでました。
ちょ~~~ハイキングー!

そして艫岩と呼ばれる荒船山の名所に到着!
(いわゆる関東平野から向かって一番右の崖っぷちの所。
何年か前クレヨンしんちゃんの作者が転落死したところでも有名だよね。)
で、そこの景色がまた素晴らしい!
ドーンと浅間山
f0033314_183324100.jpg

遠くに北アルプスの山々
f0033314_18343186.jpg

そして断崖絶壁の下は内山峠・・・う~~こわっ!
f0033314_18355628.jpg


艫岩には東屋がありトイレもあります。ま~あまり綺麗ではありませんが。
そこで休憩。コンロでお湯を沸かしコーヒータイムです。

そしてハイキングコースを戻り荒船山の最高点「経塚山」へ
ピークハンターぱらぱらの証明写真
f0033314_18492090.jpg

旦那も
f0033314_18501352.jpg

頂上からは八ヶ岳連峰
f0033314_18515486.jpg

そして霧氷
f0033314_1852455.jpg

f0033314_18531875.jpg


ちなみに経塚山の下りはすべって怖かったです。

荒船山を後にして兜岩山へ向かいます。
星尾峠まで戻ります。
この時点で11:15
山の尾根道を登ったり下ったりして途中にある御岳へ
御岳直前の急登は体力のないぱらぱらにとっては辛かった。
(帰り道ここでとんでもないことが…)
ロープがたよりのぱらぱら。チョーカッコ悪!
f0033314_1915406.jpg

御岳の山頂にはこんな仏像があります。
f0033314_19134136.jpg

それを過ぎてローソク岩を回り
f0033314_18212371.jpg

ちょっと怖い痩せ尾根を通り
f0033314_18223161.jpg

笹をかき分け12:45兜岩山頂上へ到着 一応証明写真
f0033314_18243725.jpg


例によって疲労困憊の私
頂上では持参したけんちんうどんを温めお昼ご飯を少々食べるだけで景色を楽しむ元気もなし。
旦那は景色を堪能し写真など撮ったり。食欲も旺盛。

ちなみに頂上から八ヶ岳など…
って私は疲れ果てて座ったまま動かず景色も覚えてませんが
f0033314_18583345.jpg


さて下りが超、超、超苦手な私。
他人様の2倍はかかりそうなので早めに撤収です。

下山は写真が少ないです。

そうそう帰り道ロープが張ってあった登り坂でシリモチつきまして
お尻(動物でいうと尻尾の付け根)を痛打。
どうやら尻餅着いたところに木があったみたいです。
このあと痛みは3週間続きました(>_<)

とにかく膝痛と尻痛かかえてどうにか下山

おまたせプリ坊。
f0033314_17305442.jpg


ちなみに帰り道で撮った兜岩山
f0033314_17322837.jpg


帰りは荒船の湯で体を癒して無事帰宅となりました。
[PR]
by para2kun | 2012-11-25 17:20 | | Comments(2)

ゆるキャラ"たまたん"がやって来た。

我が実家の町にもゆるキャラが誕生しました。
その名も「たまたん」玉村タウンを捩ったのかしらん?
町の花である薔薇がモチーフになっているキャラクターです。

先日お披露目があり旦那が撮影してきました。
アニメやキャラものに全く興味の無い人が
「すごく可愛かった!」とニコニコ顔で帰ってきました。

すこし紹介します。


たまたんデビュー
f0033314_16414110.jpg


八幡様にお参りするたまたん
f0033314_16441542.jpg

f0033314_16454157.jpg

後ろ姿もキュートなたまたん
f0033314_170483.jpg

f0033314_1649092.jpg

f0033314_16511861.jpg


ねっ!なかなか可愛いでしょ!
来年のゆるキャラグランプリは是非あなたの清き一票をよろしくお願いしますね~♪
…ってエントリーするのかしら(≧▽≦)
[PR]
by para2kun | 2012-11-23 16:29 | 生活 | Comments(4)

山行

最近とは言っても一年ほど前から旦那と山行をしています。

自分はまったくの素人で運動嫌いの運動オンチでおまけに高所恐怖症。
旦那は大学時代にワンゲルに所属していたとのことで30年超のブランクながら大そうな自信。
そんなデコボコ登山隊です。

きっかけは旦那の初心者コースだからチョロイ!の言葉に騙され、
赤城山の最高峰「黒檜山」に登ったというか登らされたのが始まりです。
私も山ガール(^_^;)きどりの軽~いノリでついて行ったのですが、
その苦しいこと辛いこと…
メタボの身体をムチ打ってやっとの思いでその頂に立つことができました。
(いや、マジで辛かったです!)

でも、その爽快感と達成感が病み付きに(すみません!あと山頂でのカップ麺の美味しさも)なり、
以来、月一ペースの登山、ハイキング生活が始まりました。

そんなこんなで始まった山行も10座になり、忘れないようにブログに記録したいと思いました。

よろしくお願いします。
[PR]
by para2kun | 2012-11-04 14:34 | | Comments(0)

吾妻耶山 1341M  23,744歩(注:岩櫃山を含む)

11月3日(土)
るんるん気分で岩櫃山を後にした私達、県道53号線を北上し猿ヶ京方面へ向かいます。
一旦、国道17号線に出て、猿ヶ京温泉の手前の信号を右折、県道270号線を水上方面へ。
仏岩トンネルを抜けると道路右手に仏岩ポケットパークという駐車場がありそこが「吾妻耶山」の登山口になっています。(トイレ有り)
地図です
f0033314_17352657.jpg

仏岩ポケットパーク。公園?

11時55分出発です。
f0033314_17282077.jpg

まだ余裕の表情…ってお見せできませんが(^_^;)

30分弱くらい登ると仏岩の脇に出ます。
f0033314_172918.jpg

想像してたよりは小さかった。
ちなみにここには登れません。

ここから暫く登りは緩やかで余裕です。
紅葉を楽しみながら歩いていきます。
f0033314_1732246.jpg

f0033314_1732478.jpg

f0033314_1736373.jpg

f0033314_17364668.jpg

雪の谷川連峰。もう冬なんだなぁ…

ところがそろそろ頂上が近いのでは?と思い始めた途端に急登です!
それが終わると岩場の下り…
下り坂で悲鳴を上げる私のお膝…
そしてまた登り…

どうにか頂上にたどり着きます。
PM1時35分くらいだったかな…

頂上には石の祠が3つありました。
f0033314_17144583.jpg

同じのがあと2つ
こんな重いのどうやって運んだんだ?昔の人ってすごいな。

とにかく早く昼ご飯食べて下山しなくては…。
お天気も雪がチラチラしたり風が強くなったりとあまりいい天気では無くなってます。

お湯を沸かしカップ麺とおにぎり食べて
2時には下山開始。

ピストンで帰る気満々の旦那に
「あんな急坂、膝が痛くて下れない。たしか中腹コースっていう巻き道があったはず…」と私。
むりやり中腹コースで帰ることに。

頂上から大峰山方面へ少し下りノルンスキー場の一番上の所を横切ります。
さらに下ると大峰山方面と中腹コースの分岐地点に。
ここは迷わず中腹コースへ。
中腹コースは比較的平なので私の膝も快調です。
しばらく進むと案内板に仏岩の文字がでてきます。
ここまでは、まあ予定通りです。
ひたすら落ち葉の道を歩きます。

しかし突然、案内板に仏岩の文字が消えてしまいます。
それでも歩いていけばあの特徴的な姿が見えてくるだろうと簡単に考えていました。
しかし歩いても歩いても仏岩が現れません。
もしかして、道を間違えた?と初めて不安がよぎりました。
すでに時刻は3時を回り、日暮れまでのカウントダウンが始まろうとしています。
引き返して分岐まで戻って登ってきたコースを下るにはもう時間がない…
この時初めて遭難という文字が頭の中を駆け巡ります。

f0033314_17372621.jpg

下りで唯一の写真。
頭の中のパニック状態を表してると思いませんか?

不安の中、とにかく下ります。

と、下の方からチェーンソーの音が聞こえます。
もしかして伐採してる人がいる?
だんだん音が近づいてきます。
その時、自分達の歩いてる登山道と並行して車道があるのに気付きます。
(もちろん未舗装で車がすれ違いできないくらいの山道です)
尾根道を降りて車道にでます。車道なら道に迷う心配は無い。
日が暮れても何時間歩こうともなんとか里にはたどり着けるかも。
少し希望が湧いてきました。
チェーンソーの音もどんどん大きくなって行きます。

伐採した木をトラックに積み込み作業してる人を発見。
とにかくここはどこなのか聞いてこなければ…

話をきくと仏岩ポケットパークからは途轍もなく離れた場所であることが判明。
そしてもう少し下ると人家があるとの情報も。

助かったーーー!!!
しかも伐採の仕事がちょうど終わり前橋に帰るところだから
駐車場まで送ってくれると言うではありませんか。
神様!仏様!トラックの運転手様!

なんてラッキー!私って持ってる?!

いざ!トラックの助手席!(旦那は荷物席(笑))
レッツゴー!!

着きました。仏岩ポケットパーク。おまたせー!!プリ坊!
f0033314_1692218.jpg


こうして遭難を免れ帰路についたのでした。

途中、月夜野の”真澤の森”のお風呂で心身の疲れを癒してきました。
f0033314_18321943.jpg

よく見ると紅葉がきれいですね。

帰りは渋滞をさけ下道で。途中、道の駅「こもち」では季節外れの花火大会でした。
偶然の花火大会を鑑賞し、渋川IC脇から側道に入ります。
前橋市内混雑との案内表示があったからです。

ラーメン好きの旦那の希望で大友町の「火山」というラーメン屋で食べました。
ものすごく混んでいて食べるまで小一時間かかり、
すきっ腹だったのでイライラMAX状態。
お腹空きすぎて低血糖発作起こしそうでした…。

そんなこんなで無事に家に辿り着きました。ふ~。


※山をなめたらいかん!! 今回は旦那も反省したようです。 もちろん私もです。
[PR]
by para2kun | 2012-11-03 21:00 | | Comments(2)

岩櫃山 802M

11月3日(土)
近シーズン、紅葉を求めての山行も今回で3回目。
仕事の関係でなかなか休みがとれない我が家が一ヶ月に3回はまさに驚異的。
前回は遥々山梨県まで出向いたので今回は地元群馬の山にしました。
最初は「吾妻耶山」で谷川岳の雪景色と紅葉を楽しんでくる予定だったのですが
旦那が岩場に登りたいと言い出し、急遽「岩櫃山」にも行くことになりました。
この2山強行が最後に大きな禍をもたらす結果に…

さて、今回は自宅を6時45分に出発、予定時間ピッタリに出かけられたはずが
旦那がケータイ忘れてきたと言い出し家に戻り約10分のロス。
のっけから嫌な予感…
高崎ICから渋川・伊香保ICまで高速で移動。
続いて県道35号線(通称ひかげ)を通り岩櫃山の登山口へ。
登山口は西吾妻町の平沢地区にあり、たまたま11月3日は「紅葉祭」という地区のお祭りの日でした。
第一Pはお祭りの会場に使われていたので第二Pへ車を止めます。
先客は一台でした。
午前8時、準備を整え出発です。
f0033314_15574565.jpg


岩櫃山はいろいろなルートがあります。

今回はドンクサイ私が一緒なので一番安全な「沢コース」で行きます。
(旦那は密岩コース希望でしたがここは私が断じて譲りません)
f0033314_1558201.jpg


それでも鎖場やハシゴなどもあり、それなりに疲れました。
f0033314_1559299.jpg

f0033314_15593654.jpg


1時間後とりあえず鞍部です。
低山ですが360度のパノラマです。
f0033314_16253758.jpg

f0033314_1614415.jpg


あとから聞いたのですが富士山やスカイツリーも拝めるとのこと。
(もう、早く言ってよぉ!)

旦那はちょっと離れた岩場の上の最高点に出掛けます。
私はパス。その場所で一緒になった10歳くらい人生の先輩らしきご婦人とおしゃべりしながら待つことに。
f0033314_1622672.jpg

頂上でご満悦の旦那です。

ほどなく岩登りを終えて旦那が戻ると早速下山開始です。
と言うのもお祭り会場でお餅やみそおでんなどのおふるまいがあるからです(;・∀・)

さて帰りは尾根コースで戻ります。

行きはよいよい、帰りは恐い~♪
何がって?
それは私のお膝の具合です。
実は私登りより下りが苦手でして登りと同じくらい時間が掛かるんですよ。
さほどの急坂でもないのに膝に激痛がはしってしまって…
それでも戻らねばならぬ訳でして、毎回泣き泣き下山します(つд・)ウエーン
f0033314_1632631.jpg

f0033314_1635016.jpg


そんなこんなで岩櫃城址(なにも無いが)を通りつつ下山します。

途中で太鼓の音がします。
あっ、お祭り始まっちゃったよ!ふるまいのお餅~まってくれよ~
f0033314_162797.jpg


f0033314_16283681.jpg


ありつきました。からみ餅、黄な粉餅、みそおでん。私たち村民でない人にもふるまってくれます。
なんて太っ腹な人たち。あ~感無料ではなく感無量!
それに美味しいこと!美味しいこと!
おまけに旦那が福引で日帰り温泉の入浴券を当てまして親切な村民の方が奥さんの分もと2枚下さいました。
ホントありがとう!
来年もまた来ますね~~~(^O^)/

そんなこんなでニコニコの岩櫃山をあとにします。続く…

後日「吾妻耶山」UPします。
[PR]
by para2kun | 2012-11-03 14:39 | | Comments(4)